『第22回』ループドライブ技術

私達コーチとしては、ループドライブは良い技術ではないと思う。
やむを得ない場合で使う。ボールがバウンドして、かなり落ちてきて、自分が間に合わないときにループドライブを使う。

そのループドライブをもっと回転が掛かるように工夫しましょう。

記事&動画を見るには、 2020年会員の購入が必要です。
Read more

『第21回』バック3球目強打

まずは自分がすごく良いサーブを出したとき、
もしくはすごく良いレシーブをした後に、
チャンスボールが来る可能性が高い。

その場合、できればフォアドライブ
で攻めるのが1番良い。

時間があまりないときは、バックドライブで攻めましょう。

記事&動画を見るには、 2020年会員の購入が必要です。
Read more

『第20回』フォアーハンドドライブ技術

相手のレシーブ(チャンスボール)に対して、
フォアーハンドドライブ技術相手のレシーブを浮かすために、
まず自分は横上回転もしくはナックルサーブを出します。

このサーブを出すことによって相手のレシーブが浮く確率が高くなります。

記事&動画を見るには、 2020年会員の購入が必要です。
Read more

『第8回』バックハンド回り込み

バックハンド 一本 回り込みフォアーハンドドライブ

先ずは、一球目のバックハンドは強く打つこと、
なぜなら、試合中はバックハンド強く打ったあとに
回り込みするチャンスが生まれる。

バックハンド終わったあとは、
右利き選手の場合、
両足を左側に動く、
左足が前、
右足が後ろ。

記事&動画を見るには、 2019年会員の購入が必要です。
Read more

『第7回』ブロック技術

ブロック技術、前進回転に対してのドライブと
スピードドライブに対してのブロック

まず始めにブロックをする上で大切な事は、
足と腰を曲げる事。

伸びた状態だと良いブロックができません。

相手のループドライブに対してのブロック

記事&動画を見るには、 2019年会員の購入が必要です。
Read more

『第3回』中陣でのフォアドライブ

中陣でのフォアドライブは、他の技術に比べると比較的やりやすい。

なぜなら、相手にブロックされたボールを中距離から打つ場合、ボールが鋭く伸びることがない。

フォアドライブをする時のポイントは2つ。

自分が攻めて相手がブロックで守るという展開は試合でよくある。
毎日の練習での気をつけるポイントは

記事&動画を見るには、 2019年会員の購入が必要です。
Read more

『第2回』前陣での上・下回転に対するフォアドライブ

上回転に対するフォアドライブ:
下半身、足がとても大事。

ないと体がぶれる。

左足は右足より少し前に置く。

(右利きの選手の場合)

1.ドライブを打つ場合、腰、体全体を使う
手打ちになるとパワー、スピードが出ない。

記事&動画を見るには、 2019年会員の購入が必要です。
Read more

『第1回』新しい時代・ボール・練習方法(どなたでも閲覧できます。)

昔の古いボール(セルロイド製)と現在の新しいボール(プラスチック製)の違い

昔のボールの得点源は、サービスポイントやサービスからの3球目攻撃でのポイントなどが多かった。なぜなら、回転が強くかかりやすかったからだ。

現在のボールは、身体能力の高さ、パワーやフットワークの速さなどが求められている。

Read more